この記事では、赤字家計を黒字家計に変えるためにFPに相談したリアルな体験談をご紹介します。

お金や細かいことを考えるのが苦手な方ほど、赤字家計のどこから手をつけたらよいのか迷うし、大事なお金のことを誰に相談したら良いか困ってしまいますよね。

その悩みを簡単に解決するのがファイナンシャルプランナー(FP)への無料相談です。

FPはお金の専門家ですので、家計の悩みなどを相談して、適切な回答をしてくれます。

FPに相談するとなると、一般的には保険の相談がメインになりますが、難しい保険のことだけでなく、家計などのお金の相談ができるのであれば、利用しない手はありません。

プロの目から見た家計診断で、適切なお金の流れを教えてもらうことができれば、ありがたいですよね。

今回は、強引な勧誘がないと評判の株式会社フィックス.ジャパンのFPに相談した高木さんの体験談をご紹介します。

 

複数の保険会社商品を扱う保険代理店
↓フィックスジャパン↓

毎月家計が赤字になってしまった理由とは?

家族構成
相談者:高木 華子 / 女性 / 38歳
夫:36歳
長男:9歳 次男:7歳 長女:1歳半

数年前まではそれなりに貯金もあった我が家。

長女が生まれて数か月が過ぎたころ、夫が鬱で仕事を休み始めたことがきっかけで、次第に貯金は底をつきはじめました。

さらに夫はしばらく止めていたパチンコ通いを再開してしまい、その軍資金のために隠れて借金をしていたことも発覚。

結局夫は半年ほど休職したのち、今は仕事に復帰し頑張ってくれていますが、夜勤をなくしたことにより、以前より収入は減。

私も子供を預けてパートで働きだしましたが、いったんマイナスになってしまった家計はなかなか思うように改善しません。

そこで、今回、無料相談を受けることにしました。

今回相談したい内容
・赤字家計を正常に戻したい。
・保険の見直しをしたい。
・貯蓄や投資のアドバイスが欲しい。

毎月の家計赤字を黒字にする方法とは?

自然派食品で割高な出費!?

まずはファイナンシャルプランナーと、家計の費目ごとの出費を把握することになりました。

夫の借金が発覚してからは、私も生活費で削れるところは削って、節約してきたつもりです。

たとえば、私の携帯は格安スマホに変えたため、月々約10,000円の支払いが、約2,000円に下がりました。

そんな努力の甲斐もあってか、特に家計において無駄遣いしている点はないと言っていただきました。

光熱費では、水道代は若干高い気もするけど、電気・ガスなども適正な金額だということです。

ただ、私が自然派生協で勤務しているため、そちらでの食品の購入が毎月6~7万円になっていました。

無添加食品や有機野菜にこだわりすぎて、割高になっていたのです。

我が家の家族構成では、食費は月3万円にしたほうが良いとのこと。そこは改善すべきということがわかりました。

また、今まで通帳は夫婦別管理にしていましたが、それでは夫の口座がブラックボックスになってしまう。

「まずは奥さんがご主人の通帳とキャッシュカードを握るべきです」と強くアドバイスいただきました。

 

夫の死亡保障に重点を置くべし!

次に、保険の内容を見直していただきました。

8年ほど前に、私自身の保険については、ファイナンシャルプランナーの方にプランを出していただいたので、ある程度適正な組み方になっていました。

ただ、保険は年々新しい商品が出ているので、定期的に見直すことで、より手ごろで手厚い保障に変えていくことができるとアドバイスいただきました。

子供たちの保険については、少々手厚すぎるぐらいとのこと。

医療保障は2社で掛けていましたが、1社で十分とのことだったので、1つは解約して、もう少しライトな保障にしてみても良いかなと思いました。

FPさんに特に指摘されたのは、夫の死亡保障について。

小さな子供が3人いるので、もしもの時の備えは手厚めにしておいた方が良いとアドバイスいただきました。

夫は会社で入っているため、私が内容を把握しきれていない部分があるので、話し合っての見直しが必要でした。

 

貯蓄や投資は家計が正常になってから!

以前は少し株やFXをかじったこともあり、投資信託もしていたのですが、家計に困った時に全部売って換金しました。

最近月3,000円の投資生活も流行っているので、そのあたりのアドバイスもいただこうと思ったのです。

ですが、我が家の場合真っ先に家計の軌道修正が必要なので、今は投資などに手を出さない方がよいとアドバイスいただきました。

まずは夫の口座を私が握り、タバコやギャンブルはお小遣いの範囲内でやりくりしてもらうこと。

適正なお小遣いは、我が家の場合、2万円とのこと。

私は食費をコントロールしつつ、だぶっている保険は解約をして、節約を続けていきたいと思います。

できれば夫の携帯も格安スマホに変えてもらいたいのですが・・・。

そのあたりも話し合っていかないといけませんでした。

 

まとめ

多方向からアドバイスをもらえるので、定期的に相談すべき!

自分なりに、節約のためにできることはやってきたつもりでしたが、今回の無料相談を受けてみて、多角的なアドバイスをいただけたことで、まだまだ無駄が多かったことに気づきました。

特に、家計は全体的に把握しないといけないので、夫側の収入や支出が不透明な我が家の現状に、警鐘を鳴らしていただいて、ハッと気づかされました。

妻である私だけが節約を意識していても、一方でコントロールができていなかったら、何の意味もありません。もっと夫の協力や、夫婦の話し合いが必要だと思いました。

今回は、無料にもかかわらず、すごく親身になって相談にのって下さって、感謝しています。

保険を契約するでもない私に、むしろ掛け金を減らす方向もアドバイスいただき、本当に寄り添って考えて下さっている誠実さがすごく伝わってきました。

株式会社フィックス.ジャパンでは、今回のような家計診断だけでなく、資産運用、不動産、節税対策、法律関係、相続関係など、多方向の相談ができる様なので、ライフスタイルの変化に応じて、また利用してみたいと思います。

 

複数の保険会社商品を扱う保険代理店
↓フィックスジャパン↓

おすすめの記事