パソコンの時短テクニックを駆使して作業効率化を目指そう

目安時間:約 3分

パソコンの時短テクニック

パソコン作業をしていたら、あっという間に時間が過ぎていた、なんてことはありませんか?
事務の仕事をされてる方、ドキッとしたのではないでしょうか。
そうした作業に、実はたくさんの無駄が含まれているんですよね。

そこで、パソコン作業をする中で、時短を実現するための効率的な方法を紹介します。

パソコンの時短テクニック4つの方法

パソコン操作全般を見通して、あらゆる場面で役立つ時短ワザを取り上げました。「これは!」と思うものがあったら、ぜひ試してみてくださいね。同じ作業でも、今までとは違ってあっという間に終わることを実感できるはずです。

 

 

時短に役立つ4つのポイント無駄を解消して操作を効率化そうした時短ワザは、4種類に分けられます。その4種類のワザを極めることができれば、時短に繋がります。

パソコンを1秒操作で行う

どのバージョンであっても、ウィンドウズはマウスで操作するのが基本です。マウスを使うと直感的で良いのですが、1つの作業をするのに、あちこちクリックさせられたり、長い距離をドラッグしなければらなかったりします。

ショートカットキー

 

実はこれが無駄の一つ。
これを解消するのがショートカットキーです。

 

多くの操作にショートカットキーが用意されていて、これを使えば瞬時に作業が完了します。

 

パソコンのファイルを最短手順で探す

例えば、さっき大急ぎで保存したファイルがどこに行ったか(どのフォルダーに保存したか)わからなくなったということはしばしばありますよね。

 

このファイルを探すのに、どこからどの順で探せばいいか。
時短を考えれば、最短手順が正しい手順です。それを踏まえて、ファイル探しの勘所を養う必要があります。

 

 

パソコンメールを自動化する

報告書や定型メールのように、共通する文章が多々含まれる文書を作るとき、共通部分は、ソフトまかせにして自動的に入力してしまう省力化が時短につながります。

 

こうした自動化をうまく使えば、いちいちメールのタイトルを見なくても、すぐに目を通したほうがいい重要なメールもすぐわかるようになります。

 

パソコン作業をする最適環境を作る

どうしても手作業でやらなければならない操作のために、重要なファイルを保管するフォルダー。
このフォルダーは、デスクトップの決まった場所に置いておくと作業を定型化できるし、ミスも減らせます。なおかつ配置が変わってもすぐに元に戻せるようにしておくといった工夫もできると良いですね。

 


コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

記事作成は外注さんにお任せ♪

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー